【ホール管理業務】トラッキング現象による火災

長い間コンセントに挿したままのプラグは根元にほこりがたまり易く、そのほこりが雨や結露や空気中の湿気で電気を通しやすくなります。

少しでも電気が流れると発熱し、それが段々と加速してほこりが熱を持って炭化していきます。

そうなるとさらに電気を通しやすくなり、新たな電気の通路(トラック)ができます。これがトラッキング現象です。

特に劣化したプラグやコンセントを使っていたり、コンセントとプラグの間に隙間が空いていたりすると危険度は増します。

そしてこのトラッキング現象の厄介なところは、電気製品を使用していなくても電源がOFFであっても、コンセントにプラグが挿さっているだけで発生してしまいます。

留守中の発火や寝ている間の発火も起こってしまうのです。

 

トラッキング現象による火災の防止策としては

1. 使用しない時はコンセントからプラグを抜いておく。

2. 冷蔵庫などの挿しっぱなしのプラグは時々点検をしてほこりを拭き取る。

3. タンスの裏などほこりのたまりやすい箇所はこまめにチェックし掃除する。

4. トラッキング防止加工された電気コードや、プラグにほこりが溜らないカバーなどを使用する。

などです。

こまめに清掃、定期的にチェック、これが一番大事なのかもしれません。

f:id:rkb-fukushima:20201027202935j:plain          f:id:rkb-fukushima:20201028122400j:plain

という事で写真の様に管理ホールのフロアコンセントも定期的に掃除をしています。

このフロアコンセントは蓋が閉められるようになっていますので、極端にほこりが溜るほどではありませんが、定期的に行わないと結構溜るのです。

さらにフロアのコンセントボックスは上向きなのでほこりが入りやすくなりますのでこまめな清掃を心がけています。

掃除機で吸って水拭きしますが、ブレーカーを落としたり電気が通っていない状態にしてにしてから行うようにしています。

 

このブログを読んでいるあなたも、ご自宅や職場のコンセントを定期的に掃除をしていないのではないでしょうか?

これを機に一度チェックしてみましょう!

 

 弊社では保守点検も行っております。

会館・体育館・文化施設等で保守点検をお考えの方はお気軽にご相談ください。

各種機材の保守・点検・販売・施工もおまかせ下さい - 音響・照明・舞台機材レンタルとイベント企画・運営 | 株式会社RKB | 福島県郡山市

 

HP: https://www.rkb-f.com/

Twitterhttps://twitter.com/fukushimaRKB

Instagramhttps://www.instagram.com/fukusima.rkb

Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCLfdVgBiiisgbSmWGOv8-lw/?disable_polymer=true

【現場報告】会場設営業務について!

こんにちは!
皆さんいかがお過ごしでしょうか!

 

今回は弊社で行なっている会場設営現場をご紹介します!

f:id:rkb-fukushima:20201023220712j:plain

 

この膨大な広さ、、、大量のテーブルとイス、、、
皆さん疑問に思いませんか、、、?


「なんでこんなに綺麗に並べられるの?」

と!!!!

それには秘密がありまして、大まかに3つの流れがあります!

①図面の作成

弊社ではVector Worksというソフトを使用し図面の作成を行ないます。

ここでは同じ縮図の図面に今回であればテーブルとイスを落とし込んでいきます。
全て落とし込んだ後に、「墨だし」を行なうための線をいれていきます。

 

②墨だし

図面を作成した際に引いた線を元にして水糸を使い図面の線のように引いていきます。

f:id:rkb-fukushima:20201023220909j:plain

ここでポイントなのがこの水糸はきつく張っても駄目ですし、逆に弱すぎると今度は線が曲がってしまうので、少し引っ張ってみて元の場所に戻ってくる加減で張ります!
これが結構難しいのです、、、笑

③設営

f:id:rkb-fukushima:20201023223146j:plain

ここからはじめてテーブルとイスを並べていけるのです!


先ほどご説明した、墨だし線を目印にして今回は線と線が交わる右側にテーブルの脚を合わせて並べていきます。
この時によくあるのが無意識にテーブルの脚が水糸に引っ掛かり、自分と他の人がその引っ張って曲がってしまった線に合わせて並べてしまうことです、、、笑
「あれ?揃えて並べたはずなのに、、、」
ってなると大体原因は引っ掛かっているか、墨だしの際に弱く張ってしまい緩くなってしまっています!

 

こうして莫大な数のテーブルとイスを並べ終えた時の達成感は凄まじいものです、、、!
試験でしたり、説明会等が多いのですが、どの利用者の方にも気持ちよく使って頂けるように努めています!!

今回はこの辺で終わりたいと思います。


試験会場や展示会などの設営は弊社にお任せください!

弊社はビッグパレットふくしまの管理運営業務を行っております。

ビックパレットをご利用の際は弊社までお問合せ下さい。

ビッグパレットふくしまをご利用の方 - 音響・照明・舞台機材レンタルとイベント企画・運営 | 株式会社RKB | 福島県郡山市


では、また次回!!!

 

担当:渡部

 

HP: https://www.rkb-f.com/

Twitterhttps://twitter.com/fukushimaRKB

Instagramhttps://www.instagram.com/fukusima.rkb

Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCLfdVgBiiisgbSmWGOv8-lw/?disable_polymer=true

 

【トレーニング】grandMA2 onPC command wing ③

みなさんこんにちは!

今回は一般照明のパッチの仕方についてやっていきましょう!


grandMAにて一般照明を操作したい場合は1:1のパッチになるので1つのフェーダーに対して1チャンネルということになります。


パッチの仕方

前回の記事と「2番目」までは同じなのでそちらをご覧ください!

rkb-fukushima.hatenablog.com

1.Setupを開く

2.Path & Fixture Scheduleでパッチをする
3.Layer Nameで灯体の種類の名前を付ける

今回パッチするのは一般照明なので分かりやすくここでは例として「Dimmer」とします。

f:id:rkb-fukushima:20201017180550p:plain

 

4.Fixture Typesは「2 Dimmer 00」を選ぶ

灯体を検索しなくてもトップにでているので「2 Dimmer 00」を選びましょう。

f:id:rkb-fukushima:20201017180658p:plain

 

5.FixtureWizardの設定

f:id:rkb-fukushima:20201017180822p:plain

ここで前回のおさらいです
Quantity:台数(例:50フェーダーある場合は50を入力、フェーダー表があると便利です!)
FixtureID:LED、MVを使用する際はFixtureIDを使用します。
ChannelID:一般照明を使用する際はChannelIDを使用します。
PatchBreak 1:ユニバース兼アドレス設定。ここでパッチを合わせます。1.001は1ユニバースのアドレス1番になります。(例:2ユニバースのアドレス50番にしたい場合は2.050)

設定が完了したらApplyを押します。

 

Dimmerが50本分パッチされました。
このままだとNameのところがDim1、Dim2、Dim3・・・Dim50という名称になり、
Dimmerのままだと分かりにくいので、名前を付けましょう。

f:id:rkb-fukushima:20201017181032p:plain

変えたいNameの上で右クリックをして名前を付けてあげましょう!
ここは自分で分かりやすいように、名称や色番号などにするとやりやすいです。

f:id:rkb-fukushima:20201017181105p:plain

以上で一般照明のパッチは完了です!

 

次回はとても大事はデータの保存の仕方についてやっていきましょう!

 

HP: https://www.rkb-f.com/

Twitterhttps://twitter.com/fukushimaRKB

Instagramhttps://www.instagram.com/fukusima.rkb

Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCLfdVgBiiisgbSmWGOv8-lw/?disable_polymer=true

【ホール管理業務】舞台機構「吊り物」メンテナンス

みなさん、こんにちは!

ホールの備品メンテナンス作業のご紹介です!

今回作業するのは舞台機構の吊り物である「幕類」と「美術バトン」になります。

そもそも舞台機構とは

舞台機構(ぶたいきこう)とは、

ホール・劇場などの舞台部分に設置されている、手動・電動などにより作動させる演出効果用の機器類の総称のことです。

その舞台機構の中の1つに「吊り物機構」があり、幕類や美術バトンなどが吊り下げられています。

一般的な幕類で有名なものといえば緞帳(どんちょう)が上げられますね!

また、美術バトンは、看板や垂れ幕などを吊るす際にワイヤーを掛けるバーのことを指します。

その他にも様々な機器や幕がありますので、ご興味を持たれた方はこのブログ内のカテゴリー「うらかた豆知識」をご覧ください!

rkb-fukushima.hatenablog.com

 

それでは前置きはこの辺にしまして、実際にメンテナンスをはじめていきましょう!

 

動作チェック

今回のホールは吊り物機構がすべて電動で作動します。

舞台の袖には操作盤と呼ばれる機器が設置されており、この操作盤のスイッチ類で吊り物機構の作動制御を行っていきます。

f:id:rkb-fukushima:20201017163422j:plain

また、それぞれの吊り物を作動させる際に異常を検知した場合は、ランプが点灯して知らせてくれるシステムとなっているので安心です。

先ずは、正常に上昇・下降するかをチェックします。

それぞれ上限・下限のリミットがあらかじめプログラムされて決まっているので、そこでしっかりと停止するか異音がないかワイヤーのゆるみ警告ランプは点いていないかを見ていきます。

万が一、警告ランプが点いた際は作動をすぐに停止させ、原因を探ります。

f:id:rkb-fukushima:20201017163657j:plain


警告ランプが点く際の原因として過去にあったのが、画像のようなワイヤー巻取ウインチのガイド溝からワイヤーがずれていることがありました。

こちらは軽微なものでしたので、ワイヤーを持ち上げてガイドにはめ直した所、解消されました。
おそらく地震の揺れによるもので、日常の点検の大切さを改めて実感することとなりました。

今回は特に異常は見受けられなかったので、残りのメンテナンスを進めてまいります。

 

幕類と美術バトンのメンテナンス

f:id:rkb-fukushima:20201017172449j:plain

f:id:rkb-fukushima:20201017172500j:plain

f:id:rkb-fukushima:20201017172510j:plain


幕類は汚れや破れがないかをチェック、目立つホコリ等を掃っていきます。

バトンは曲がりなどが出ていないかチェック、テープの糊跡などの汚れを拭いていきます。

こちらも特に異常はありませんでした!

 

以上、吊り物機構の「幕類」と「美術バトン」のメンテナンスでした!

 

他にも弊社SNS上にてメンテナンス作業風景の投稿もございますので、是非ご覧になってみてください!

 

HP: https://www.rkb-f.com/

Twitterhttps://twitter.com/fukushimaRKB

Instagramhttps://www.instagram.com/fukusima.rkb

Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCLfdVgBiiisgbSmWGOv8-lw/?disable_polymer=true

うらかた豆知識 vol.5 舞台の道具について

舞台の道具について

みなさんこんにちは!
今回の内容は二重舞台についてとなります!

 

二重とは…舞台面と合わせて床が二つあるといった意味からなっています。
これにはみなさんも舞台でみたことがあるかもしれない?

道具が沢山つかわれています。
クラシックのコンサートや合唱の演奏会などで舞台より一段、二段と高くなっている床をみたことありますか?


これは高さが10数センチある木の板で、その板を平台と呼びます。
平台にも種類があり、高さは4寸・縦横が3尺×6尺の"さぶろく"、縦横6尺×6尺の"ろくろく"など沢山の種類があります。


ここで4寸?6尺?といった聞き慣れてない言葉があるかもしれませんね。
実はこの単位は尺貫法といい、普段使われる長さの単位に合わせると

1寸:3.03cm1尺:30.3cm1間(いっけん):181.8cmとなっています。
※長さだけではなく体積や質量などもあるので尺貫法について詳しく知りたい方はぜひ調べてみてください


舞台でもこの単位が用いられ、平台などの道具も尺貫法を基準につくられています。
なので先ほどの"さぶろく"だと高さ12㎝、縦横90㎝×180㎝のサイズになります。


その平台と合わせて使うのが箱馬開き足といった"足"です。
こちらも様々なサイズの足に平台を乗せることによって高さをだすことができます。


例えば、

「高さ30センチの舞台をつくりたい!」となったとします。
30㎝だと10寸(1尺)、となるのでその数値に合う組み合わせを考えます。
箱馬は1尺×1尺7寸×6寸が主のものがあるので、その箱馬の上に平台を乗せると丁度約30センチとなります。

f:id:rkb-fukushima:20201012184737j:plain

こういった二重舞台は細やかな演出により、様々な組み合わせによってできています。
この舞台は裏方専門の人たちだけでなく、生徒さんやお手伝いなどでも組むことがあるので、定期演奏会や合唱の発表会などがあり、もし平台を組む機会があれば今回の知識も少しは生かすことができるかもしれませんね。

 


以上、今回は二重舞台をつくる舞台の道具についてでした。


ありがとうございました!

 

f:id:rkb-fukushima:20201012194300j:plain

 

HP: https://www.rkb-f.com/

Twitterhttps://twitter.com/fukushimaRKB

Instagramhttps://www.instagram.com/fukusima.rkb

Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCLfdVgBiiisgbSmWGOv8-lw/?disable_polymer=true

 

機材レンタルのススメ【vol.2 ライトアップのススメ】

みなさん、こんにちは!
10月に入り朝晩は寒くなってきましたね。

冬の気配も少しずつ感じてきましたが、冬といえば!イルミネーションやライトアップの季節☆ということで、機材レンタルのススメ第2回はライトアップ機材のご紹介をしたいと思います!

 

おすすめ①「広がり抜群!LEDフラットライト」

f:id:rkb-fukushima:20201008201028p:plainf:id:rkb-fukushima:20201008201038p:plainf:id:rkb-fukushima:20201008201054p:plain

 

まず1つめにご紹介するのは、LEDフラットライト『FLAT H5』です。
弊社で所有していますLED機器の中で一番広がるタイプのLEDになっていますので、建物の壁面や大きなものを照射することができます。

IP65の防滴仕様ですので、屋外での使用も可能です!

 ・詳しくはこちら↓

https://www.rkb-f.com/list-of-services/lighting-equipment-rental-service/led-flat-light/

YouTubeの紹介動画もあります↓

www.youtube.com

 

おすすめ②「マルチに活躍できる!小型LEDスポット」

         f:id:rkb-fukushima:20201008201338p:plain

次にご紹介するのは小型LEDスポット『LED Color Par CP-QO1210』です。
こちらはフラットライトのように広がりはありませんが、小型で取り扱いしやすいタイプのLEDです。建物の柱を染めたり、小さなものにピンポイントで照射するなどマルチな活躍が出来ます。

もちろんIP66の防水仕様ですので屋外使用OKです!

・詳しくはこちら↓

https://www.rkb-f.com/list-of-services/lighting-equipment-rental-service/led-color-laser/

 

おすすめ③「屋外でも派手に演出できる!LEDムービング+アクリルドーム」

f:id:rkb-fukushima:20201008201815p:plainf:id:rkb-fukushima:20201008201925p:plain

最後にご紹介するのは前回も紹介しましたLEDムービング『OK60A』なのですが、

この機材、防滴仕様ではないのです…が!

一緒に『アクリルドーム』をご使用頂くことで屋外でも使用可能になります!
機材を雨や埃から守ってくれ、なおかつ透明ですので明かりの邪魔をしません。

ドーム内は余裕を持たせた構造になっていますのでムービングライトも制限なく動かすことができ、専用のゲタ(土台)もありますので配線も問題なしです。
尚、アクリルドームは大変傷つきやすいためお貸出しの際にはいくつかお願いごとをしております。詳しくはお問い合わせください。

・詳しくはこちら↓

https://www.rkb-f.com/list-of-services/lighting-equipment-rental-service/acrylic-domes/

・動画はこちら↓

youtu.be

 

最後に

今回もLED中心のご紹介となってしまいましたが、他にもライトアップに使用できる機材があります!どのようなライトアップがしたいかをご相談頂けますと、ご希望にあわせてご提案いたしますので気軽にお問い合わせください。

 

冬はライトアップでほっこりしましょう♪

次回はイルミネーションのご紹介を予定しています☆

 

※何を使えば良いか迷った方はまずは下記までご相談ください。

お見積りも無料で作成致します。

【お問い合わせ】

(株)アール・ケー・ビー  営業時間9:00~17:30

メール:info@rkb-f.com  電話:024-963-0002    FAX:024-963-0022

※メールでのお問い合わせに関しましては営業時間に関係なく受け付けておりますので、いつでもご相談下さい。

 

SNSでも定期的に様々な情報を更新しております。

Twitterhttps://twitter.com/fukushimaRKB

Instagramhttps://www.instagram.com/fukushima.rkb/?hl=ja

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCLfdVgBiiisgbSmWGOv8-lw/?disable_polymer=true

YouTubeには機材情報も沢山アップしています。ぜひ参考にしてください。

【トレーニング】音響シミュレーションソフト SoundVision③

いかがお過ごしでしょうか?

10月に入り、今年も残り3か月となりましね…。

年々、月日が過ぎ去るのがとても早い気がします…。

 

さて、今回もSoundVisionトレーニングを行って行きたいと思います!

今回で3回目になるので、SoundVision①、②もチェックしてみてください!

rkb-fukushima.hatenablog.com

rkb-fukushima.hatenablog.com

 

アリーナ会場

f:id:rkb-fukushima:20201005092038j:plain

今回はレベルアップしてアリーナ会場を作っていきます!

まず、客席の東側から作っていきたいと思います。

 

New balconyを選択します。

f:id:rkb-fukushima:20201005142347j:plainこのまま作成すると+Y軸方向に作成していますので、+Z軸に作成するためには、

3DPositionを選択し、Init angle90°にします。

f:id:rkb-fukushima:20201005142829j:plain

 

f:id:rkb-fukushima:20201005154948j:plain

今回は、以上の大きさで作成していきます。

Point1から順にDepth(奥行)、Height(高さ)に数値を入れていきます。

尚、PROFILE CUTVIEWの画面を見ながら作成していくと、やりやすいと思います!

 

f:id:rkb-fukushima:20201005155000j:plain

このように客席エリアが出来ましたら、FrontとRearの数値を同じにし、Discretizationを1にします。

 

次に西側を作成していきます。

ミラー反転を活用します!

f:id:rkb-fukushima:20201005165500j:plain

Objectを右クリックして、Symmetry➡Mirror to YZ(green/blue)planeを選択します。

そうすると、反対側にも同じものが出来ます。

 

次に北側です。

f:id:rkb-fukushima:20201005172744j:plain

客席はすべて同じ数値になりますので、Westを右クリック➡Copy pointsをクリック。

f:id:rkb-fukushima:20201005180231j:plain

 

f:id:rkb-fukushima:20201005180950j:plain

 New revolutionをクリック➡名前を変えて、右クリックしPaste points

3D positionをクリックし、Link to profileEastにチェック。

これで北側が出来ます!

南側も西側同様、ミラー反転を活用します!

f:id:rkb-fukushima:20201005182050j:plain

 

最後に競技エリアを作っていきます。

f:id:rkb-fukushima:20201005184026j:plain

New surfaceから作ります。

「ポイント」にカーソルを合わせると黄色い丸が出てくるので、

クリックしてドラック&ドロップしていきます。

 

f:id:rkb-fukushima:20201005184546j:plain

そうすると、競技場が完成します。

 

これで、アリーナ会場が完成しました!!

おつかれさまでした!

 

次回はいよいよスピーカーを配置していきたいと思います。

ぜひ、次回もご覧ください!

 

 

HP: https://www.rkb-f.com/

Twitterhttps://twitter.com/fukushimaRKB

Instagramhttps://www.instagram.com/fukusima.rkb

Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCLfdVgBiiisgbSmWGOv8-lw/?disable_polymer=true